■スポンサードリンク

■FC2カウンター

■ お役に立ったと思ったらクリック!

■最新記事
■全記事表示リンク
■カテゴリ

■ユーザータグ

● お布施って悩みますよね! ● お布施の包み方 渡し方 お札の入れ方! ● お布施の金額と戒名は悩みますよね! ● 四十九日 一周忌 新盆 はて・・お布施は?

豊島区の葬儀 御布施 お布施 家族葬 家族葬推薦 豊島区の葬儀社 区民式場 葬儀マナー ドイツ観光 法要マナー 卒塔婆 四十九日/七七日忌 豊島区式場 区立斎場 南池袋斎場 御塔婆料 新宿区式場 遺骨の一時預かり 新宿区の葬儀 板橋区協定斎場 板橋区指定斎場 区民斎場 板橋区の式場 納骨祭(埋葬祭)について 興善寺会館 文京区式場 家族のみでの葬儀・葬式・火葬のみは戸田サービスで 弔辞 音楽葬/1日葬/火葬式・家族葬での思い出溢れるお別れ 枕飯(一膳飯)・枕団子を作ろう! 火葬式・火葬のみ・家族葬・音楽葬 町屋斎場で家族葬・火葬式 戸田サービス館 御玉串料・御祭祀料・御車料・御食事料について 五十日祭の御祭祀料と御玉串料 位牌とは お墓参り 卒塔婆とは 火葬 火葬式 御香典 ご香典 瀧田会館 落合斎場 火葬のみ 永代供養墓 合葬 お彼岸 玉串奉奠(神葬祭) お焼香の仕方(宗派別) お盆 新盆 池袋沙羅ホール 1周忌 弔辞あれこれ 都営雑司ヶ谷霊園 海の散骨事例 海への散骨とは 粉骨 散骨業者 仏壇 手元供養 樹木葬 家族葬の問題点 散骨 自然葬 海洋葬 新仏壇 都市型仏壇 板橋区の葬儀 渋谷区の葬儀式場 板橋区の葬儀式場 宗仙寺会館 一般的な訃報の書き方 代々幡式場 代々幡斎場 現代仏壇 モダン仏壇 家具調仏壇 プリザーブドフラワー 自宅で自由葬 自宅で無宗派葬 練馬区葬儀式場 彼岸御布施相場・御塔婆料包み方 福泉禅寺(唯心堂) 家族葬の福泉禅寺式場 凍結口座引出方法 お彼岸法要 一年祭・年祭のすべて 舟渡斎場(ふなどさいじょう) 白木位牌 本位牌 開眼供養法要 死亡後の預金を引き出すには 都内、民間火葬場の値上げです! お盆のすべて 自宅で家族葬 自宅でお別れ会 自宅で音楽葬 霊供膳 精霊棚 功雲院(鳩寺)豊島区の葬儀式場 盂蘭盆会 東京のお盆 盂蘭盆会施餓鬼法要 豊島区立南池袋斎場 

■最新コメント
■“Ancient Forest”

■リンク
■BELL SEARCH!

BELL SEARCH!

■あったかNAVI

あったかNAVI

■BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

■にほんブログ村
■RSSリンクの表示
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■QRコード

QRコード

■WODGE

WODGE

位牌・魂入れ・開眼供養とは(白木位牌・本位牌・開眼供養法要・法名軸・過去帳)
    
白木位牌・本位牌・開眼供養法要について 法名軸・過去帳

     本位牌 (塗位牌・唐木位牌・回出位牌・幅広位牌)

 位牌とは、亡き人の霊を祀るため戒名・法名を書いて、仏壇やお寺の位牌壇に安置する木製の
 牌の事です。

  上等猫丸上塗

 位牌は中国の後漢時代に儒教の葬礼に用いられる
 木の札で、祖先や両親の存命中の位官、姓名を板
 に記して祀ったことに初まります。

 日本には禅宗と共に鎌倉時代に伝来し、江戸時代に
 一般化しました。

 江戸時代には、幕府の宗教政策(寺請制度等)に
 より各家で仏壇を祀るようになってから、先祖を大切
 にする供養の方法として定着してきました。

 フリー百科事典「ウィキペディア」によると、
 寺請制度(てらうけせいど)とは、近世初期の1664
 年(寛文4年)に江戸幕府がキリスト教や
 不受不施派を禁制として、信徒に対し改宗を強制す
 ることを目的として制定された制度。

 檀家制度(だんかせいど)
 寺檀制度(じだんせいど)とも言う。

 具体的には、仏教の檀信徒であることの証明を寺院から請ける制度である。

 寺請制度の確立によって民衆はいずれかの寺院を菩提寺と定め、その檀家となる事を義務付けられ、寺院では現在の戸籍に当たる宗門人別帳が作成され、旅行や住居の移動の際にはその証文(寺請証文)が必要とされた。

各戸には仏壇が置かれ、法要の際には僧侶を招くという慣習が定まり、寺院に一定の信徒と収入を保証される形となったとあります。

 ” 位牌及び仏具等画像は、お仏壇の日本堂 板橋区大山店さんの協力を得ています ”

 詳しい内容は、下記の 記事の続きを読む 又は上記画像をクリックしてください。



   
    
 位牌の基本の種類

お位牌は大きく分けて、仮位牌(白木の位牌)本位牌(塗り位牌・唐木位牌・回出位牌・幅広位牌) 浄土真宗では法名軸・過去帳に分類されます。

 例、まずは白木位牌から ・・・

 記載の仕方は、宗派・寺院・僧侶によって異なります。

 白木① 白木②裏 白木③

 僧侶により ①表 ②裏 の書き方と、③全て表に書かれる方といらっしゃいます。

 白木の位牌は、野辺送り用で葬儀の時に準備された忌明けの49日迄の仮位牌です。
 49日迄は、故人の霊はまだ行き先が定まらない転生(成仏)の期間だと言われています。
 そして49日を過ぎると成仏してお浄土に行くことが出来ると考えられているようです。
 
 寺院での49日の法要の際には、白木の位牌・本位牌を持参し、白木位牌から本位牌へ
 魂を移し換えて頂きます。

 初めてのご不幸では、御本尊(仏像)・掛け軸も寺院にご持参ください。御本尊・掛け軸も魂入れ(入仏式)をお願いします。自宅に帰りましたら、魂の入ったご本尊等及本位牌を仏壇に安置します。
 尚、白木位牌は寺院に納めることになります。後日お炊き上げしてくださいます。

 どちらにしても寺院に事前連絡は必要ですよ。

 白木位牌の戒名の頭に「新帰元」とか「新円寂」とか「遷化」などの文字が付いていることがあります。これは 「仏の世界に旅立たれた」という意味で、戒名を構成する文字でありません。本位牌を作るときには記載致しません。

 又、没年月日の下に、「寂(じゃく)」という字が付いていることも有ります。亡くなった方を思い、亡くなって寂しいという気持ちを表現する文字だそうです。やはり通常本位牌を作るときには記載しない事が多いようです。 


 例、本位牌 (塗り位牌・唐木位牌・回出位牌・幅広位牌)

  勝美上塗  位牌裏


                                  裏も金文字が一般的ですが
                                 上記のように朱文字もあります。

  上等猫丸上塗  黒檀上角切


 本位牌は49日法要迄にご用意ください。本位牌の文字入れには、金粉書きの場合は
 約10日~14日間位、機械彫りの場合は約7日間位、手彫りの場合は14日~20日間位
 の期間が必要です。

 位牌の表面には、戒名と亡くなった没年月日、裏面に俗名(ぞくみょう)行年(ぎょうねん)又は
 享年(きょうねん)を入れます。俗名とは生前のお名前で、行年とはこの世で修行した年数で
 有り、享年とは天から享けた寿命の年数です。

 年齢は数え年又は満年齢で記載しますが、僧侶により異なります。
 白木の位牌に、僧侶が記載された通りの年齢でお願いします。

 位牌の種類は、仏壇店に多数有りますので、ご自由にお選びください。只、大きさについては
 ご先祖様の位牌を基本に同等か一回り小型のものを選ぶのが一般的なようです。

 初めての位牌の場合は、先に安置する仏壇を決めてから位牌の大きさを決めます。
 位牌から購入すると仏壇に入らないってことも ・・・

 尚、お仏壇を購入しましたら、僧侶に来ていただき魂入れ(開眼供養・入仏式)をお願いします。
 この魂入れによりご本尊(仏像)・掛け軸・位牌が尊像に生まれ変わります。

 しかし最近東京では、四十九日法要の時にご本尊・掛け軸・位牌をお寺に持参し、魂入れを
 お願いして持ち帰ってお仏壇に安置する例も多いようです。

 自宅での四十九日法要の場合は、自宅で開眼供養も出来ますよね。

 寺院に位牌壇を設けている方は、本位牌がもう一柱必要になります。位牌の種類は統一して
 いる事が有りますので寺院にご相談ください。


 回出位牌(くりだしいはい) 繰出位牌とも言う

  雲二重回出三方金  黒檀春日回出

 ご先祖の位牌が沢山有る場合にはこの回出位牌を利用します。
 大きさにも依りますが、戒名を書く札板が5~10枚納まるように箱形になっている位牌です。
 屋根や扉が付いている箱形とすっきりとした箱形のものが有ります。

 ご先祖の命日の順に並べ、命日に前面に繰り出すようになっています。
 一番前の板には、○○家先祖代々之霊位と文字を入れる事が多いですね。

 ※ 基本的には浄土真宗(西・東)ではお位牌ではなく、法名軸・過去帳を利用しますが、過去帳としての意味で回出位牌を利用している方もいます。


 浄土真宗(西・東) 法名軸 過去帳について・・・

   ”浄土真宗では本位牌を使用しません”

 尚、浄土真宗では、法名軸・過去帳に開眼供養<魂(性根)入れ>の
   おつとめ(読経)する事は有りません。


   法 名 軸
法名軸
 法名とは、仏法に帰依した人という仏弟子としての
 お名前です。

 本来門信徒は、ご門主様から帰敬式(ききょうしき)
 おかみそりを生前に受けるのが正式です。

 所謂、生前法名を授与される事ですね。

 左記が法名軸です。法名と書き、没年月日、故人の
 法名その左に宗主の法名、印、が記載されています

 法名の正しい名称は、男性は釋○○(しゃく○○)
 女性は釋尼○○(しゃくに○○)です。

 浄土真宗(西・東) 特に真宗大谷派では、位牌では
 なく法名軸として仏壇の側面の板に掛けます。

 ご本尊である阿弥陀如来の側に法名軸を置くのは
 西方極楽浄土の主で有る、阿弥陀様の側に亡くな
 られた方がいる様子を仏壇に表しているそうです。

 その通り、亡き人もご本尊に向かって合掌している
 姿を表していますよね。

 他宗の位牌と同じく、代々続くと仏壇の中が法名軸がいっぱいになってしまうので、そのような状態になった時に繰り出し位牌に置き換える事も有ります。

 つまり、亡くなられた方がまだ1人・2人で有れば、繰り出し位牌を用意する必要がなく、法名軸として阿弥陀様の側にお掛けした方が良いでしょう。

 文字書きは、寺院のご住職様にお願いしてください。
 基本的には、真宗寺院の了解なしに仏具店では法名は書けません。

 ちなみに、院号は本山から下付されます。
 院号は、教団やお寺の護持発展に功績のあった方へお付けする尊称という意味なのです。

 そう本山以外では、院号を授けられないのが通例です。
 院号をご希望の方は当該ご住職様にご相談くださいね。


 過去帳について・・・

鳥ノ子過去帳

 過去帳とは、故人の法名、俗名、死亡年月日、年齢などを記載するご先祖様の記録帳です。

 過去帳は、お参りするときや祥月命日に開き、日頃は閉じて置きます。

 この過去帳は記録として永続的に残され、続柄等の記載により家の系譜にもなりますね。

 法名軸はより丁寧で正式にと言う意味で過去帳でもいいのですよ。
 両方有っても問題はありません。

 さて、過去帳への記載は、寺院にお願いする、自分で記載する、仏壇店にお願いする等
 誰が記載してもいいのです。

 
    過去帳記載  過去帳台


 入仏式

 新しくお仏壇を購入した場合には、ご本尊・お脇掛をお迎えする<入仏式>を
 執り行います。入仏式とは、阿弥陀如来様の徳を讃えお迎えする慶びの法要です。

 ご本尊・お脇掛は、原則的にはお手次寺(おてつぎでら)を通してか、直接本山(本願寺)
 別院等に申し込んでください。 お手次寺は他宗派でいう菩提寺です。

 ご本尊・お脇掛をお手次寺に依頼するときに、法名軸や過去帳も依頼して書いて頂ければ
 とても有り難いですよね。  まずは手次寺にご相談ください。
 
 重 要

 購入希望の仏壇に合う、ご本尊・お脇掛・法名軸のサイズを、仏壇屋さんと前もって相談す
 る必要も有りますよ。 大きさが合わないと困りますもの ・・・


 浄土真宗 入仏法要御布施・入仏御祝の書き方

  入仏法要 入仏御祝

 結びは、あわじ結び、そして熨斗は無し

 仏教では熨斗は付けません。 右上に貼り付けている剣先の形に色紙を折ったもの

 入仏式と四十九日の法要を続けて執り行う場合は、正式ではないけれど、
 黄白の水引の不祝儀袋や奉書白封筒でも別にいいですよと、
 浄土真宗の各寺院さんは言っていました。


  浄土真宗 四十九日法要(七七日忌法要)の表書き

 総銀七七忌法要150 白黒七七忌法要150 黄白七七忌法要150 

 東京では、七七日忌(四十九日)迄は総銀や黒白の水引を使用し、それ以降の法要・

 お彼岸・お盆の御布施は、黄白の水引を使用しているようです。

 関西方面(特に京都)では、葬儀のときから黄白の水引を使用しているようです。

 奉書白封筒だと水引について考える必要がないですよね! 小さく推薦


 御布施の下のお盆は、切手盆(きってぼん)です。 僧侶にお渡しする時に使用します。

 七七日忌法要(四十九日法要)と書かなくても問題はありません。

 寺院により納骨法要(納骨式)の御布施とか、御布施等を別々に
 用意する場合が有るので記載しました。

 尚、薄墨ではなく普通の墨で記載してください。


  下記奉書白封筒でもいいのです。

 封筒布施七七日忌 封筒奉書裏3万

         奉書白封筒は、文房具屋さんに売っています。
               水引はなくてもいいですよ。 ご心配なく!

        御布施は代価ではないので金額は記載しなくてもいいのです。

   でも寺院は、出納帳記録や檀信徒さんへの収支報告・税務等の管理記録として
   金額を記載していると有り難いのですが ・・・ と言っておりました。

       金額の書き方 例、金 五萬圓也 とか 金 参萬圓也 と縦書きにする。

   

 集合位牌(幅広位牌)と先祖代々の位牌について・・・

         集合位牌(幅広位牌)          ○○家先祖代々之霊位の位牌
 
 黒檀春日幅広 黒檀上春日

       もっと幅の広い位牌も有ります。

 一般的に集合位牌(幅広位牌)も「○○家先祖代々之霊位」と書かれたお位牌も、他界されて33回忌以上過ぎた先祖の方々の位牌に使用している例が多いですね。そう多数の位牌を一つに合祀した位牌です。そして各ご先祖の戒名・俗名・没年月日・行年(享年)は過去帳に細かく記録して保管しています。

 尚、初めから幅広位牌を使用して左側を空欄にしている地域も有ります。


 戒名のお話を少し ・・・
 銀杏呂門黒面粉蒔絵 戒名意味

 △ 院号あるいは院殿号とは本来は故人が宮殿や
 院(垣根のある建物)に住んでいたことを意味する
 最上の尊称です。

 ○ 道号 もともとは戒名(法名) 仏法に帰入した
 者に与えられる。
 □ 法号 これが本来の戒名です。
 故人の生前の名前(俗名)から一字をとって付ける。

 位号 仏教徒としての階級を表す号です。男性なら
 「居士」「信士」「禅定門」女性なら「大姉」「信女」
 「禅定尼」があります。
 子供なら「童子」「童女」などです。

 禅定門・禅定尼は、仏門に入って剃髪した
 男性・女性を呼ぶ事からきています。

 霊位は置字です。 下文字とも呼ばれ位牌を総称
 する言葉です。
 霊位は霊のとどまる場所のことです。



 本来戒名は、生前授戒式を受けて仏教徒になり与えられるお名前です。
 他界後授かるものでは有りません。しかし、現在殆どの方々は、生前に戒名を授かっていない
 ので、他界後にご住職様から授けてもらっているのが現状です。

 宗派によってよく付けられる文字が有ります。
 真言宗では 「阿」  浄土宗では 「誉」  日蓮宗では 「妙」「法」「蓮」「華」「日」など ・・・

 浄土真宗では戒律がありませんので戒名と言わず 「法名」 と呼んでいます。
 尚、全ての法名の上に 「釋」 の文字を付けます。 男性は、釋○○ 女性は、釋尼○○です。
 そして法名の下には位号を付けないのが通例です。

 日蓮宗は戒名と言わず 「法号」 と呼んでいます。

 法名は仏門に帰依した人が戴く名前で、戒名は仏弟子となった事を表す名前です。


 トップページへ戻る

 
 開眼供養について・・・ ご本尊・お位牌の魂入れ

 浄土真宗(西・東)以外の佛宗派の場合

     紅白開眼100
     
  エー、紅白の御布施って有るの?

  そう開眼供養はお祝いなのです。

  開眼供養は、お墓・ご本尊・位牌・仏画等に魂入れを行う儀式です。

  開眼供養 御礼との書き方も有りますが、

                あえて、開眼法要 御布施としました。

 ご親戚の方が施主様に御祝いをお包みする場合は、開眼御祝 と書くか 御祝 右上に小さめで 御入仏開眼法要と記載してください。

 開眼は新たに仏像の眼を開くと言う意味が有ります。
 開眼供養は、お墓、本位牌、ご本尊(仏像・掛軸)、仏画等に僧侶に依頼して魂を入れる儀式です。この供養により、例えばご本尊や本位牌が尊像に生まれ変わります。

 初めての仏様の場合は、四十九日の法要のときにご本尊(仏像・掛け軸)本位牌共に寺院に持参し、開眼供養(入仏・魂入れ)をお願いします。

 お仏壇は本来、本尊を安置する清浄な場所を意味することから、お浄めの儀式を行いますが、開眼法要の対象はご本尊・位牌で有り、お仏壇そのものでは有りません。
 そこで、仏壇のお浄めの儀式を省いているのが東京の現状です。

 中には、仏壇屋さんにお願いして、四十九日法要の当日に仏壇・ご本尊・位牌・仏具等全て寺院に届けて頂き、供養後に時間を調整して仏壇屋さんに自宅設置をお願いする方もいらっしゃいます。

 自宅で四十九日法要を執り行う場合は、仏壇浄めの儀式・本尊・位牌の開眼供養も出来ますので問題はないですね。

 初めての仏様の場合、四十九日の御布施と開眼供養の御布施(お礼)は別にご用意している方が多いですね。

 自宅にご先祖様を祀っている仏壇が有る方は、仏壇お浄めの儀式及びご本尊の開眼供養(魂入れ)は供養済みであると考えます。そこで白木の位牌から、本位牌への魂入れのみをお願いすることになります。

 尚、四十九日の法要の中で 本位牌への魂入れのみ をお願いしている場合は、四十九日御布施以外に開眼供養としての御布施は、東京では包んでない方が多いようです。


 さて開眼供養はお祝い事と理解してください。この魂入れの後、故人の供養、先祖代々の供養法要となります。祝い事と弔事を続けて行なうと言う事ですね。

  開眼法要布施  開眼御祝


       開眼供養は上記写真のように紅白の水引が正式なのだそうです。

 でもお祝い事とは言え四十九日の法要の日に、開眼供養で紅白の水引はさすがに気持ち抵抗
 がありますよね。

 生前に戒名・法名を授与されたときとか、一周忌に石塔建立 御布施(御礼)をする場合とは
 気持ちの整理が異なりますもの ・・・

 このような場合、正式ではないけれど、黄白の水引の不祝儀袋や奉書白封筒でも
 別にいいですよと、各寺院さんは言っていました。

 結びは、あわじ結び、そして 熨斗は無し

 仏教では熨斗は付けません。 右上に貼り付けている剣先の形に色紙を折ったもの

 開眼法要 御布施の金額は(本尊と位牌の魂入れを含み)1万~3万が多いようです。

 御布施の金額は、やはり菩提寺さんにご確認をした方がいいですよ。他にも御塔婆料とか納骨式に別に御布施が必要な寺院さんもあります。又、御膳料とか自宅・霊園での法要では御車料とか ・・・


  正直私は、白地の奉書白封筒を利用しています。

 封筒布施開眼 封筒奉書裏3万

         奉書白封筒は、文房具屋さんに売っています。
               水引はなくてもいいですよ。 ご心配なく!

        御布施は代価ではないので金額は記載しなくてもいいのです。

   でも寺院は、出納帳記録や檀信徒さんへの収支報告・税務等の管理記録として
   金額を記載していると有り難いのですが ・・・ と言っておりました。

       金額の書き方 例、金 参萬圓也 とか 金 壱萬圓也 と縦書きにする。
 

  四十九日法要(七七日忌法要)の表書き

      下記のどの袋をご利用になっても結構です。

 総銀七七忌法要150 白黒七七忌法要150 黄白七七忌法要150

 東京では、七七日忌(四十九日)迄は総銀や黒白の水引を使用し、それ以降の法要は

 黄白の水引を使用しているようです。

 関西方面(特に京都)では、葬儀のときから黄白の水引を使用しているようです。

 奉書白封筒だと水引について考える必要がないですよね! 小さく推薦


 御布施の下のお盆は、切手盆(きってぼん)です。 僧侶にお渡しする時に使用します。

 七七日忌法要(四十九日法要)と書かなくても問題はありません。

 寺院により納骨法要(納骨式)の御布施とか御塔婆料とか、御布施等を別々に
 用意する場合が有るので記載しました。

 尚、薄墨ではなく普通の墨で記載してください。 

 封筒布施七七日忌 封筒奉書裏3万


     四十九日(七七日忌)の 御布施の相場 は下記の当ブログを参考にしてください。

 ● 四十九日 1周忌 新盆での御布施の金額は 相場は?

 ● 四十九日/七七日忌の法要の準備は? 必要なものは?

 ● 卒塔婆とは・・ 御塔婆料包み方書き方 施餓鬼会法要

 その他資料

 ● 火葬のみ 遺骨の一時預かり 永代供養墓 合葬とは?

 ● 全金額明示の東和葬儀社ホームページ 火葬のみ 家族葬



 ” ひとりごと ”

この度、当ブログをUPする上に於いて、お仏壇の日本堂 板橋区大山店 河合店長さんの多大なる協力を得た事を心から感謝致します。

日本堂は、創業300有余年の歴史が有り、神・仏具の専門店です。

本店では、伝統的な従来の仏壇・仏具から新仏壇等も展示しております。

板橋大山店は、新仏壇専門店で、とても現代人に似合うモダンな仏壇等を販売しています。

近々、新仏壇特集及びモダンな位牌等も当ブログでUPする予定です。 ご期待ください!


尚、日本堂の仏壇・店頭価格は、上代価格より約20%~30%位を値引きした価格だそうです。

ちなみに板橋大山店に於いては、”東和さんのブログを見た” と店長さんに伝えると、
その店頭価格より、さらに15%~20%値引きして下さいます。

勿論、位牌・仏具も 15%引き、又商品によっては 30%値引きも有りとか・・・

とても有り難いことです!

尚、本店での伝統仏壇(従来の仏壇)でも大山店(河合)まで、ご相談くださいとの事・・・


 推薦理由

実は、板橋大山店の推薦理由はお値段だけでは有りません。

状況により近隣の区で有れば、お客様を車でお店まで送迎して下さる ”やさしさ” が有ります。

お店に行き仏壇を見て購入したいのだけれど、体が不自由なため店頭に行けない方など特に、店長さん自ら自宅にお迎えに来て下さるのです。

勿論、位牌1本でも自宅へ来て説明と受注をして下さいます。

カタログに依る販売も信用が有り安心です。

日本堂 大山店へリンク  (店長 河合さん) TEL 03-3554-7211  住所 板橋区幸町 8-3 



     トップページへ戻る


                最後までお読み頂きありがとうございました。

           当ブログtowa24hの管理は (株)東和<葬儀社>です。


                    ブログランキングに参加しました。
              お役に立ったと思ったら!  ポチッとクリック!

           
にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 葬儀・法事(個人)へ  blogram投票ボタン

            ブログ作成の励みになりますので、拍手もお願いします!
      
関連記事


テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

位牌あれこれ・・・ 位牌魂入れ 開眼供養 | 22:12:55 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
Re: Re: バックグラウンドの音楽
> > 先月末に急に恒高齢の父が亡くなり、今後の行事のために貴社のHPの内容が大変参考になりました。
> > つきましては、このHPのバックグラウンドで流れているピアノの音楽の曲名、或いはCDのタイトルをお知らせ下さるようお願いいたします。
>
> 初めまして・・・
> お父様がご逝去なさったとの事、心より哀悼の意を表します。
> 今回は、当ブログにお立ち寄り頂き誠に有り難うございます。
> 地方によりしきたりも有り、大してお役に立てなかったかも知れませんが、少しでも参考になりますように努力しております。
> さて、バックミュージックの事に付いてですが、当ブログの左サイドバーの下方に、“Ancient Forest”の画像が有ると思います。
> それをクリックして見てください。 目的に辿り付けると思います。 Towa24より
2013-12-02 月 12:22:35 | URL | towa24h [編集]
バックグラウンドの音楽
先月末に急に恒高齢の父が亡くなり、今後の行事のために貴社のHPの内容が大変参考になりました。
つきましては、このHPのバックグラウンドで流れているピアノの音楽の曲名、或いはCDのタイトルをお知らせ下さるようお願いいたします。
宮城県大崎市岩出山字下真山六田36番地
佐々木英次
arizona@silk.plala.or.jp
2013-12-01 日 13:12:14 | URL | 佐々木英次 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad