■スポンサードリンク

■FC2カウンター

■ お役に立ったと思ったらクリック!

■最新記事
■全記事表示リンク
■カテゴリ

■ユーザータグ

● お布施って悩みますよね! ● お布施の包み方 渡し方 お札の入れ方! ● お布施の金額と戒名は悩みますよね! ● 四十九日 一周忌 新盆 はて・・お布施は?

豊島区の葬儀 御布施 お布施 家族葬 家族葬推薦 豊島区の葬儀社 区民式場 葬儀マナー ドイツ観光 法要マナー 卒塔婆 四十九日/七七日忌 豊島区式場 区立斎場 南池袋斎場 御塔婆料 新宿区式場 遺骨の一時預かり 新宿区の葬儀 板橋区協定斎場 板橋区指定斎場 区民斎場 板橋区の式場 納骨祭(埋葬祭)について 興善寺会館 文京区式場 家族のみでの葬儀・葬式・火葬のみは戸田サービスで 弔辞 音楽葬/1日葬/火葬式・家族葬での思い出溢れるお別れ 枕飯(一膳飯)・枕団子を作ろう! 火葬式・火葬のみ・家族葬・音楽葬 町屋斎場で家族葬・火葬式 戸田サービス館 御玉串料・御祭祀料・御車料・御食事料について 五十日祭の御祭祀料と御玉串料 位牌とは お墓参り 卒塔婆とは 火葬 火葬式 御香典 ご香典 瀧田会館 落合斎場 火葬のみ 永代供養墓 合葬 お彼岸 玉串奉奠(神葬祭) お焼香の仕方(宗派別) お盆 新盆 池袋沙羅ホール 1周忌 弔辞あれこれ 都営雑司ヶ谷霊園 海の散骨事例 海への散骨とは 粉骨 散骨業者 仏壇 手元供養 樹木葬 家族葬の問題点 散骨 自然葬 海洋葬 新仏壇 都市型仏壇 板橋区の葬儀 渋谷区の葬儀式場 板橋区の葬儀式場 宗仙寺会館 一般的な訃報の書き方 代々幡式場 代々幡斎場 現代仏壇 モダン仏壇 家具調仏壇 プリザーブドフラワー 自宅で自由葬 自宅で無宗派葬 練馬区葬儀式場 彼岸御布施相場・御塔婆料包み方 福泉禅寺(唯心堂) 家族葬の福泉禅寺式場 凍結口座引出方法 お彼岸法要 一年祭・年祭のすべて 舟渡斎場(ふなどさいじょう) 白木位牌 本位牌 開眼供養法要 死亡後の預金を引き出すには 都内、民間火葬場の値上げです! お盆のすべて 自宅で家族葬 自宅でお別れ会 自宅で音楽葬 霊供膳 精霊棚 功雲院(鳩寺)豊島区の葬儀式場 盂蘭盆会 東京のお盆 盂蘭盆会施餓鬼法要 豊島区立南池袋斎場 

■最新コメント
■“Ancient Forest”

■リンク
■BELL SEARCH!

BELL SEARCH!

■あったかNAVI

あったかNAVI

■BBS7.com

BBS7.COM
MENURNDNEXT

■にほんブログ村
■RSSリンクの表示
■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■QRコード

QRコード

■WODGE

WODGE

お盆(盂蘭盆会)の迎え方と盆棚準備 ・ 新盆・初盆の御布施は?・・ 東京のお盆
 
   
  お盆(おぼん)・ 盂蘭盆会(うらぼんえ)・ 新盆について・・・


お盆は、ウィキペディアに依ると、太陰太陽暦(天保歴・旧暦)の7月15日を中心に日本で行われる祖先の霊を祀る一連の行事と有ります。

よく言う旧盆(月遅れのお盆 8月13~15日)の事ではありません。

2011年の旧暦7月15日は、新暦(現在のカレンダー)で、8月12日~14日です。 ※毎年異なる


お盆メイン 日本のお盆は本来、この旧暦の7月15日を
 中心に行われる先祖供養の儀式で、先祖の
 霊があの世から帰ってきて、家族と共に楽し
 いひとときを過ごし、また帰っていくと言う
 日本古来の民族信仰に基づく文化であり、
 仏教の盂蘭盆会が結びついて出来た行事
 です。

 盂蘭盆会とは、釈迦の弟子の目連が餓鬼に
 墜ちた母を、釈迦の教えによって
 僧侶に食べ物を施し、供養する事によって
 救うことが出来たと言う言い伝えがあり、
 地獄に墜ちて苦しんでいる霊を救うための
 供養なのです。


でも、本来の仏教として考えるならば、祖先の精霊が帰って来ると言う思想はないようです。       

浄土真宗では、お盆の時だけ祖霊が帰って来て、盆供養を行う考え方はしていません。


しかし一般的にお盆は、先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間で有り、地域により異なります。

まずお盆には、主に 「旧盆」 「7月盆」 「8月盆=月遅れ盆」 とあります。

「旧盆」旧暦は、主に沖縄・奄美地方他  2011年は新暦で8月12日~14日です。

2010年は、新暦8月24日が旧暦7月15日です。
2011年は、新暦8月14日が旧暦7月15日です。
2012年は、新暦9月1日が旧暦7月15日です。
2013年は、新暦8月21日が旧暦7月15日です。

この日にちのずれの説明は、長くなりますので省略させて頂きます。

尚、新暦8月15日のお盆を旧盆とよく言いますが、それは誤りです。
旧盆は旧暦7月15日で、新暦8月15日は新暦の月遅れのお盆なのです。

新暦は、1873年(明治6年)1月1日から新たに使用した太陽暦です。


「7月盆」は、主に東京・横浜(寺院に依る)・静岡の一部・北海道の函館等
新暦 毎年7月13日~7月15日です。

「8月盆」月遅れの盆 上記以外の地域(すべてではない)
     新暦 毎年8月13日~8月15日です。
     
尚、新暦の7月15日頃は農家の繁忙期にあたるという事から、1ヶ月遅れの8月盆(月遅れの盆)が現在では全国に広まりました。

お盆の帰省は、この月遅れのお盆ですよね。
尚、2011年は上記の通り、月遅れのお盆と旧暦のお盆が1日しか違いません。


故人が他界して四十九日の後、つまり忌明け後に初めて迎えるお盆を新盆と言います。
四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌年のお盆が新盆となります。


お盆の期間は地域に依ってさまざまです。

7月1日を盆の始まりとする。 7月全体を盆の月とする。
旧暦・新暦の13日~15日夕方まで、13日~16日の朝や夕方までなど・・・

ちなみに2011年のカレンダーを見てください。 (新暦)
7月15日は、「ぼん」 8月14日は、旧ぼんと記載してある筈です。


大文字焼き

  精霊流し・灯籠流し

  京都の有名な大文字焼きは、

  送り火の一つです。
 
  京都大文字焼きは

  8月16日午後8時からです。




  お盆飾りの詳細は・・・

  (お盆飾りの仕方・精霊棚(しょうりょうだな)・盆提灯・御布施について)


     下記の 記事の続きを読む をクリックしてください。



    
     
  お盆飾りの詳細について・・・

    
  お盆を迎える準備について・・・


お盆は、地方や地域の風習・各寺院・各宗派によりかなり異なります。
菩提寺がお盆行事で忙しくなる前にご相談してください。


塔婆縮小普通6月中に菩提寺さんより各ご家庭に盂蘭盆施餓鬼会法要のご案内が届きます。
ご参列なさる方・卒塔婆申込みについては、ご案内指示に従ってください。
尚、盂蘭盆施餓鬼会法要の日程は寺院により異なります。


卒塔婆・施餓鬼会法要の詳細は、下記の当ブログをご参照ください。

★ 卒塔婆とは ・・ 御塔婆料 包み方 書き方 施餓鬼会法要


以下はあくまで東京のお盆の一例です。
東京のお盆は、7月13日~7月16日の4日間です。


毎年自宅での棚経をお願いしている場合は、お早めに寺院に連絡をとり日取り時間等の打合せをします。 新盆の場合も同じです。
棚経(たなぎょう)とは、お盆の時期に菩提寺の住職又は僧侶が、檀家の家を訪ね、精霊棚や仏壇の前でお経を読む事をいいます。
一日に何件も檀家さんを訪ねますので、お経は10分~15分位です。


盆月の朔日(7月1日)
この世とあの世の釜の蓋が開いて、ご先祖様の霊がそれぞれの家に旅立つ日とされています。


 ① お墓のお掃除
墓参り 
盆月に入ったら、お帰りになる精霊のために、お墓のお掃除はお早めに!

お墓のお掃除は、下記当ブログの中程に詳細があります。 ご参照ください。

  ★ お彼岸法要・お墓参り・彼岸御布施相場・御塔婆料包み方


 ② 仏間及び仏壇・仏具のお掃除

さて、お墓のお掃除の後は、仏壇・仏具等のお掃除です。

お盆はご先祖さまへの感謝の気持ちを捧げる大切な行事です。
そう! この行事を通して、子供達の心を育てる情操教育にもなりますよね。


 ③ 精霊棚・盆提灯の準備

7月12日には、仏壇の前に適当な机を用意して精霊棚を準備します。
新盆の家では、早めの7日頃から準備します。

              画像の竹は結界の意味
精霊棚 小机に真菰筵(まこもむしろ)か
 金襴を敷き、中央にはご本尊・
 左右には位牌を安置する
 スペースを空けます。

 真菰筵・金襴敷きの代わりに、
 白布でもいいですよ。

 又、ご本尊の代わりに
 十三佛でもいいですよ。
  
  あれ! この画像にはお迎え団子が置いてないですね。(13日の午後にはお供えしてね)

  13日朝にご本尊・位牌を仏壇から精霊棚に移動します。

精霊棚略式 お供え物等は各地方・地域によりまちまちです。
 盆棚の作り方は、正しいとか間違っているとかは
 問題ではありません。
 ご先祖さまをお迎えする真心が表現されているのが
 盆棚なのです。

 その季節にスーパーで売っているもので
 いいのです。

 真菰も含めて、お盆セットとしてこの時期には
 スーパーに売っています。

 ■ 吊り下げる物(逆さ吊り) 結界
   左の画像は、仏壇の扉を利用しました。
 お盆は盂蘭盆会と言い、逆さ吊りを意味します。
 ホオズキ・トウモロコシ・枝豆・昆布やわかめ・稲や
 粟の穂・すすきなど
     
       仏壇を利用した例         この時期に稲やすすきなど手に入りませんよね・・・

 ※ 精霊棚に霊供膳を置くスペースがない場合は、仏壇付属の引出テーブルの上でもいいです。 

お供え=五味五果(様々な食事と食物)

■ お菓子・干菓子(ひがし)・饅頭・煮物・果物・そうめん・うどん・そば(地域に依る)
  他、故人が好きだったものなど


お迎え団子は、13日の午後にはお供えし、
  お送り団子(土産団子)は、16日の朝にお供えします。

  団子は、白玉粉(餅米の粉)や 上新粉(米の粉)で作ります。

  仏壇の高坏を利用し半紙を四つ折りにして敷き、その上に積み団子にする。
  (干菓子の画像の半紙の折り方を参考に・・・)

  私の母は、お迎え団子にあんこやきな粉のついたお団子を作ります。 (殆どぼた餅風です)
  いつも迎え火を炊いた後に、「ご先祖様と一緒に頂きましょう」と言っていた記憶があります。

お団子の数や種類は、地域等により色々有るのかも知れませんが、余り拘りなくお好きなお団子でおもてなしをしましょう。 砂糖を加えて蒸したり、あんこ・きな粉・草団子であったり自由ですよね。

だって、ご先祖さまと一緒に戴くのだもの ・・・

でもお送り団子は、白い団子がいいかな! 

干菓子150 お盆果物 積団子
     干菓子(ひがし)            果物お供え          積み団子10個の場合
                                              三角錐 4列は20個

■ 霊供膳(りょうぐぜん) 精進料理 (魚肉類・にんにく・にら・らっきょう・ネギ科のものは避ける)
                      だし汁も煮干し等は使用しないそうです。 昆布だしかな・・・

霊供膳  霊供膳1
                       配置は小笠原流です。
 左手前から 
 
 ● 飯椀  (白ごはん)  
 ● 汁椀  (吸物・味噌汁) 豆腐・油揚げ・ワカメ等 
 ● 高皿  (漬物) 白菜・胡瓜・粕漬・梅干・塩揉み等 ※ たくわん等は二切れが原則 
 ● 平椀  (煮物) 椎茸・ゆば・高野豆腐・若竹・蓮根・蒟蒻・人参・きぬさや・油揚げなど) 
 ● 壺椀  (おひたし・煮豆・あえ物・酢の物など) 盛り付けは、塔の様に高く盛る事
 ● 箸   (お箸)

13日 夕食から盆棚に食事を供えます。
14日 朝、昼、夕の三食、新たに調理した食事を盆棚にお供えします。
15日 朝、昼、夕の三食、新たに調理した食事を盆棚にお供えします。
16日 朝、昼のニ食、新たに調理した食事を盆棚にお供えします。

お供えはご先祖に対する気持ちの表れですので、精進料理のみに拘らず、生前お好きだった物をお供えしても差し支えございません。
上記説明は、あくまで本来の意味する事で、余り考え過ぎないように・・・

尚、家庭には色々な事情や外出もありますので、家族等のお食事に合わせてお供えしてください。

器等は、仏壇屋さんにこの時期売っていますが、四角いおぼんや丸いおぼんに、普段使用しているお茶碗・小皿・深鉢を利用し、精進料理をお供えしていいのですよ。

 ※ 供える方向は、仏様の方向に箸が来るようにお願いします。
        (ご本尊・位牌のある方向)


その他

■ 水の子

大きい平皿に水を張り、洗った米ときゅうり・なすをサイの目切りにしたものを蓮の葉の上に盛りつけた物で、これにミソハギを束ねたもので水を掛けて拝みます。
ミソハギは、浄めのために使われる。

■ ミソハギ (ミソハギは穂先から20cm位で切り5・6本の束にする) 花屋さんに売っている。

■ あか水 (深鉢に清浄な水を入れる) どんぶりで良い。

■ 盆花・常花 (仏壇の中にある蓮の花)

■ 季節の生花1対 (花瓶に)

■ 香炉・燭台・リン・お線香

■ 盆提灯や盆灯籠 (できれば1対以上)

 盆提灯1  盆提灯2  新盆提灯
   吊り提灯       置き提灯     新盆用白提灯

■ きゅうり(馬)なす(牛) おがらや割り箸で足をつける。
  (市販の真菰や(まこも) 藁(わら)で作っている馬や牛でもいいです)
                                  
きゅうり150 なす150
         馬                   牛                 

※ 先祖の乗物(当時一番早い乗物は馬でした)

ご先祖様の迎えは、少しでも早く来てくださいとの気持ちで足の速い馬に乗って・・・
帰りは少しでもゆっくりお帰り頂く気持ちで、足の遅い牛に乗ってとの意味が有ります。

全体の配置は、真後ろに仏壇 その前に精霊棚 一番前に仏壇の経机(なければ小机)
          (小机の上には仏壇の焼香用具一式)
                                               
精霊棚の両サイドに盆提灯とか盆灯籠を、その前に花瓶に季節のお花を1対起きます。


 苧殻(おがら)の、迎え火と送り火

おがら  昔から迎え火には苧殻(おがら)を玄関先で焚いて
  ご先祖様の霊を迎えました。

  「迎え火」 13日の夕方、焙烙(ほうろく)の
  皿の上に苧殻を互い違いに積み重ねマッチで火を
  付けます。
  焙烙(ほうろく)は、素焼きの土鍋の一種で、
  お盆時期には、苧殻と共にスーパー・仏壇屋さん等
  で売っています。

  本来は、ご先祖のお迎えのために
  お墓で迎え火を焚き、その火を手提灯に移し
  玄関先の盆提灯・室内の盆提灯・経机のローソクに
  火を入れました。
 
 盆提灯は、今は安全のため電気・電池式ですが、昔はローソクを使用していました。

 「送り火」は、16日の夕方に同じ場所で送り火を焚きます。

 盆提灯の迎え火・送り火

玄関先や窓側・縁側に吊り提灯を用意します。お迎えする13日夕方に灯りを入れ、14・15日は、精霊棚脇の上に吊し、お見送りする16日夕方に又、玄関先等に灯します。
そして、苧殻で玄関先に於いて「送り火」を焚くわけです。
送り火後には、吊り提灯は、電気を消し室内に移動します。

お盆期間中、吊り提灯や置き提灯の灯りはずっと点灯しておく必要はありません。
点灯は陽が暮れてからを基本とし、日中は手を合わせる時など必要に応じて点灯して見てはいかがでしょうか?

尚、15日夕方、送り火を焚く地域もあります。

※ お盆期間中に外出する際は、電気・火の元にくれぐれもご注意ください。


迎え火は、ご先祖様が道に迷わないで家に帰って来られるようにと明かりを灯す事です。
送り火は、ご先祖様があの世への道に迷わないようにと送り出す灯火です。


 棚経について・・・ 御布施について・・・

お坊さん1
棚経とは、13日の夜に僧侶を招いて、精霊棚の前でお経を
読んで頂くのが正式です。

しかし、13・14・15日頃は、多数の檀家さんがお寺に訪ねて
来られ、又、お寺の行事で盂蘭盆施餓鬼会法要を、お盆中や
その前後に執り行う事が多く、その準備等でご住職様は特に
お寺を離れる事ができなくなります。

そこで、お盆月に入ったら、副ご住職様・寺院におつとめの
僧侶・地方からの手伝いの僧侶等が、棚経に回っているのも
現実です。

東京では7月1日~お盆の15日迄に、棚経をあげて頂くのが東京では通例です。

お盆月前に、菩提寺様と相談をして日時を確認してください。

僧侶のおもてなしは、お茶やお茶菓子程度でいいと思います。

夏場ですので、冷たい麦茶は用意していた方がいいかも・・・

読経は10分~15分程度で、すぐに別の檀家へ移動しますので、御布施のご用意を!

御布施は、5,000円~10,000円位 御車料をご用意するとより丁寧ですね。

御車料は、お気持ちで・・・ 

尚、東京では御布施として御車料を含んで 10,000円 お包みしている方が多いように思います。


普通、新盆法要は、一般的に自宅や寺院で執り行います。

 自宅での新盆のご案内

お盆の13・14・15日は、他家でもご先祖様のお迎えが有り、日時を指定した招待状はご迷惑と成り兼ねません。

親戚・知人等から、新盆の問い合わせが有った場合には、”お盆期間中は、自宅におりますので、ご都合の良いときにお参りにどうぞ・・・ きっと故人も喜ぶと思います”  とお伝えすればいいのでは・・・


ちなみに新盆のお布施は、10,000円~30,000円位
    戒名に依っては、50,000円 70,000円位・・・

御布施に決まりはありませんが、御車料含んで、正直 30,000円 が一番多いと思います。

尚、訪ねて来られる方への、引き物のご用意もお忘れなく・・・ 800円~1,500円位の物かな。

引き物の表書きは、粗供養・志などです。


 寺院等での新盆のご案内

故人の社会的地位や親戚・恩人・友人・知人の多い場合は、寺院・会館等を利用し、ご案内状(返信ハガキ付)を送付する事があります。 

この場合新盆案内の日時は、各他家に配慮し、13日~15日は避けて1日~12日の間に執り行う方が良いでしょう。


寺院等で新盆を執り行う場合、卒塔婆のご依頼をお早めに! 1本 3,000円か 5,000円です。

寺院等での新盆のお布施は、30,000~50,000円位 (個別法要) 
戒名に依っては、70,000~100,000円位となります。

招待者への新盆法要後の食事のおもてなし、引き物のご用意をお忘れなく!
                    引き物の表書きは、粗供養・志などです。


招かれた側の金封の表書きは、御佛前・御供物料・御提灯料などです。
品物の場合は、御供・御供物などです。


 ※ ちなみに浄土真宗では、精霊棚・霊供膳・棚経・卒塔婆の慣習はありません。


黄白御布施150 150御布施黄白 150御布施裏黄白
  黄白の水引の不祝儀袋          奉書白封筒            奉書白封筒裏
 

黄白の水引の不祝儀袋に御布施・お名前を記載します。 御布施は常に薄墨を使用しない!
中に中袋がありますが、住所・電話番号を記載し、金額は未記載でも構いません。
一番右の写真は、〆を書いていますが、中袋の場合は必要ありません。

奉書白封筒の場合は、写真通りに記載してください。

黄白の水引の不祝儀袋は、文房具屋さんには置いていない事もありますが、仏壇屋さんやデパートには案外あります。
でも、奉書白封筒でいいのですよ。 これは、ほとんど文房具屋さんに売っています。


 お盆の後片付けについて・・・

7月15日の夕方の送り火を焚く地域、7月16日夕方に送り火を焚く地域とあります。

東京は、16日の夕方に送り火を焚く例が多いように思います。

 さて、片付けは送り火が終わってからにします。

送り火を焚いた後、玄関・軒下の盆提灯の灯りを消し、室内に移動します。

実際、精霊棚・盆提灯等は、17日の朝から片付け始めます。

灯籠流し 地域・地方に依っては、15日又は16日夕方より
 手提灯に火を灯しお墓で送り火を行ったり、

 精霊流しや灯籠流し
 
 お盆のお供え物を川へ流したりする良き文化が
 ありますが、東京では無理ですよね!


盆提灯は、来年も使用しますので丁寧にしまいましょう。

尚、新盆提灯(白提灯)の場合は1回限りです。

東京では、お寺・購入した仏壇屋さん等でお炊き上げして頂くか、自宅の玄関や庭などで焼却します。

自宅で焼却できない場合は、新盆提灯の一部に送り火で火を付け、すぐ消して、燃えるゴミとして処理しても良いですよ。


※ 以上は、東京でのお盆の一例で有り、地域・地方によりかなり異なる事があります。

  あくまで参考とし、各寺院・地域の良き文化の風習に従ってください。 -towa24h-




当ブログ 別途参考資料

 ★ 卒塔婆とは・・・ 御塔婆料 包み方 書き方 施餓鬼会法要

 ★ お彼岸法要・お墓参りの仕方・彼岸御布施相場・御塔婆料の包み方

 ★ お布施の包み方渡し方 写真入 お車料 お膳料

 ★ 四十九日 1周忌 新盆 でのお布施の金額は 相場?



  トップページヘ移動


                最後までお読み頂きありがとうございました。

           当ブログtowa24hの管理は (株)東和<葬儀社>です。


                    ブログランキングに参加しました。
              お役に立ったと思ったら!  ポチッとクリック!

           にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 葬儀・法事(個人)へ  blogram投票ボタン

            ブログ作成の励みになりますので、拍手もお願いします!      
   

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

精霊棚・ 霊供膳の飾り方とお盆の棚経について・・・ | 18:28:31 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
Re: お盆

 ”ブログを見て頂き、ありがとうございます "

お盆・お彼岸・各仏事等は、宗派・地域性によりまちまちです。

妻の実家は青森ですが、各仏事や葬儀においても地域の風習(良き文化)が東京とはかなり異なります。

葬儀社の私もタジタジです。

何が正しくて何が正しくないか? 実はそれが問題ではなく、良き文化の継承や祖先を敬う心が大切なのだと思います。

そしてそれは、先祖代々受け継がれてゆくものだと信じます。

実際当ブログは、参考資料としての意味しかないのかもしれませね。
   
2011-07-16 土 11:48:24 | URL | towa24h [編集]
大変、勉強になりました。
ありがとうございました。
2011-07-16 土 10:17:55 | URL | koizumi [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad